2012年9月21日金曜日

慶應義塾大学 香坂先生による若手医師合同セミナー

本日(21日)、18:00から1階研修室にて若手医師合同セミナーが開催されました。

講師は慶應義塾大学医学部 循環器内科 香坂 俊 先生です。


開会の挨拶と講師紹介
今回のセミナーは高知医療再生機構の支援事業を活用しており、
申請をして香坂先生を呼んだのが消化器外科の寺石先生。
 

講師の香坂先生
日経メディカル「日本の医療は私が変える」次代の医療を担う
若手リーダーの一人に選出されています。

セミナーは、まず5つのテーマの中から
参加者に聞きたいテーマを選んでもらうという斬新なスタイルでスタート
 
 
金曜日の晩ですが多くの方に参加いただきました。
皆さん、お疲れの中ありがとうございました。

1時間半のセミナーでしたが、あっという間に終了。

質疑応答にて 放射線療法科の秦先生

素敵な笑顔です。
 

同じく質疑応答にて 循環器内科の福岡先生

セミナー終了後に一枚 左:香坂先生 右:寺石先生
来年も来ていただくことを約束してくれました。楽しみですね!
 
香坂先生、ありがとうございました。
皆さんお疲れ様でした。
 
 
 
 
 

2012年9月20日木曜日

地域がん診療連携拠点病院公開講座・特別講演会

平成24年10月14日(日)、高知会館にて

第23回地域がん診療連携拠点病院公開講座・特別講演会を開催します。

申込不要・入場無料・どなたでも参加いただけます!










2012年9月13日木曜日

災害に備えた病院マネジメント ~救命救急センターセミナー~

本日(13日)、本年度第2回となる

救命救急センターセミナーが開催されました。

平日の晩でしたが、たいへん多くの方に参加していただきました。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

今回のセミナーは、まず最初に

『南海トラフの巨大地震による
     津波高・浸水域等及び被害想定』について

高知県危機管理部 南海地震対策課の浦田課長補佐が

講演されました。

講師の浦田氏と座長の村田センター長
 
 
次に
 
『災害に備えた病院マネジメント』と題して
 
慈慶医療科学大学院大学の河口豊教授が講演されました。
 
 
講師の河口教授

会場はいっぱいでした。
 

 
日頃から様々なことを想定して準備をしておくことの重要性を再認識できました。
 
最後に
河口教授のスライドから『病院の震災対策10の提言』を紹介させていただきます。
 
①阪神淡路大震災の教訓を生かそう
②地域の組織との連携を強化しよう
③超広域災害を考慮したロジステイクスを考える
④災害時に求められる新たな機能に備えよう
⑤避難者や要介護者への対応を事前に考えよう
⑥被災直後に判断できる構造被害の判定方法を確保しよう
⑦災害時に必要な機能継続を停止させる要因を知っておこう
⑧エレベータの早期復旧を確保しよう
⑨インフラ設備の耐震対策を実施しよう
⑩医療スタッフの災害対策を進めよう
 
河口教授ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

2012年9月8日土曜日

「腰痛」&「脊椎外科」 ~第25回地域医療連携研修会~

本日(9/8)、第25回地域医療連携研修会が開催されました。

今回もたいへん多くの方の参加があり盛会でした。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。




受付&パンフレットブース

開会の挨拶をする武田病院長

講演1の講師 理学療法士の安井氏

前回に引き続き今回も多くの方に参加していただきました。

講演2の座長をする整形外科の土井先生

講演2の講師 時岡先生


時岡先生の熱い思いを知ることができる講演でした。
軽快な話術と動画、医療の話だけでなく、歴史の話や豆知識などもあり、
会場では笑いもあったりと、とても有意義な時間となりました。


毎回恒例の講演会終了後の記念撮影
皆さん、お疲れ様でした。

参加していただいた皆さんありがとうございました。
次回(第26回)は12/1開催でテーマは「高齢者の血液疾患」です。
興味のある方はぜひご参加ください。













2012年9月3日月曜日

防災訓練2012.9.1 院外編

2012年9月1日に行われた合同防災訓練、

院内編に引き続き院外編を写真でご紹介します。



場所は県立大学のグランド



自衛隊によって設置されたトリアージゾーン

テント内へ担架で運ばれます


次々と運ばれてきます



自衛隊の救急車両

一度に4名の搬送が可能

県立大学のグランドから医療センターへ4名同時搬送


写真だけみるとスムーズに対応がされたようにみえますが、
実際は傷病者・避難者役の緊迫の演技もあり
緊迫感のある訓練のなか、場面場面では混乱したり、騒然としたりと
とても貴重な訓練となりました。

今回の訓練で得た課題を今後に活かすべく反省会も開催されました。


皆さん、お疲れ様でした!






防災訓練2012.9.1 院内編

2012年9月1日、合同防災訓練が行われました。

テレビや新聞で見られた方も多いのではないでしょうか。

今回、院内編と院外編に分けて簡単にですが

当日の様子を写真でご紹介します。

こちらもチェックしてくださいね → それいけ!ドクターヘリ

県立大学との合同訓練で総勢500名以上による訓練


災害対策本部設置

スマートフォンの活用

次々と情報がはいり、ホワイトボードへ書き込みます


正面入り口で傷病者のトリアージ




次々と傷病者が運ばれてきます



処置室へも次々と傷病者が運ばれてきます



ダンボールの活用

正面玄関前は傷病者や避難者であふれかえります



写真ではお伝えできませんが、傷病者・避難者役の緊迫の演技もあり
とても緊迫感のある訓練となりました。

 
皆さん、お疲れ様でした!

次は院外編をご紹介します!